decollouomoが繊研新聞に掲載されました。ー デッコーロウォモ「旅シャツ」ー

decollouomoのシャツが繊研新聞に掲載されました。

繊研新聞は、1948年に創設された繊研新聞社(前身:財団法人日本繊維経済研究所)が発行するNO,1繊維・ファッション業界紙です。

ファッション業界で話題の商品、注目の企業や人物、最新トレンド動向まで、業界で話題のニュースを発信するだけでなく、その背景や意味、さらにその先に何があるのかを深く分析し、半歩先をとらえたNow&Nextな情報を発信しています。

 

 

 

(以下、記事引用)

「旅」を連想させる販促 – ECを中心に販売

コンバージェンスジャパン(東京、金杉恭平代表、電話03-6276-5390)は今春夏ものから、紡績から縫製まで国産のシャツブランド「デッコーロウォモ」の販売を始めた。「デッコーロ」はイタリア語で「離陸」の意味で ” 多忙に働く人々の旅立ちを支える “がコンセプト。販売対象の中心は40〜60代の” 余裕のある男性 “だ。

フライトやクルーズなど「旅」を連想させるプロモーションを活用して、大人の男性のライフスタイルに沿ったシャツとして打ち出す。自社でのECなどウェブでの販売を中心にしながら、今後は地方百貨店卸などの展開も模索する。

同社は14年創業のメンズシャツ専業メーカー。商品開発から品質管理までこだわりを持つ。商品企画は機能性を追求したスポーティーな素材を使い、モダンなシャツに仕上げた。モダール・コットン・ポリエステルを混紡したオリジナル素材「concorde – コンコルド」は吸水速乾性、防シワ性、抗菌防臭性などの機能を兼ね備える。

型数はパイロットシャツなど定番4型、カラーはピュアホワイト、ネイビー、スカイブルー。価格は長袖シャツが1万8000円、半袖シャツ1万6000円。

 

 

保存

保存